忍者ブログ
ホームページの記事にならないような、日常のことが中心になると思います。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

OP&EDが変わりました。
一気に雰囲気が別物に。
さらに、影の出現シーンも差し替え。
いつもながら、演出はかっこいいです。

でも、EDのアニメーションは、全部海外生産のような作画の崩れ。
間に合わなかったのか、それともわざとそうして、
そっちのレベルの向上を図っているのか。
ぜんぜん見えません。

でも、事実、見栄えが悪いのは真実ですw

しかし、このアニメ足が長いですね。
二期なのに、よく作画がもつもんです。
全部で100話くらいになるのかな?恐ろしい・・・・・
PR
あのノリにはついていけない・・・・・

つーか、脚本おかしくね?
おかしくね?w

ノリおかしくね?
誰にこびてんだ?wwwww
しゃーあぁぁりいぃぃ!!!

OTZ。ひどす。


問題です。この絵から間違いを見つけなさい。

そして、伝説へ・・・・
風子おぉぉぉ

めっちゃかわいかったぜ。

しかも、あのじいさまがいい味出してること・・・・・

目から汗が・・・・・・







でも、なんとなく、
最後に救済される悪寒・・・・・
これで全話終わってしまいました。
最後はかなり駆け足でしたが、それなりにうまくまとまっていたと思います。

それよりも、ヤッパリデンスケの最後はぁぁぃぅ風で残念でした。
心に刻んで生きていくんだ(tt。

いやー、最後も最後とて、ん?な所の展開もあり、
どうなってるの?と考えさせる時間も与えず怒涛の展開でしたが、
これはこれで、もう一回見直すことで新しい発見がやまほどありそうです。

謎が謎を呼ぶ展開でしたが、毎週ドキドキさせる(中抜けしましたが)
いいアニメだったと思います。数年後でいいから、続編をw

さておき、デンスケのぬいぐるみが出るそうです。
しかもこいつも、まったくかわいくないことw
個人的には、デンスケをもっといじってほしかったですが、
そこまでするとメイン伽羅が倒れてしまいかねないので
こんなもんでしょうか・・・・・・

まさに現代の忠犬ハチ公ですねw。

見てない方はぜひ見てみてください。
見るときは一気に見切ることをお勧めしますw
話の中でも、もうデンスケは・・・・・・・

さておき、先週あたりから結構、視聴者置き去りの展開を見せており
おっと、今まではいい感じだったのにいきなり何だコリャ!!
考える暇さえねえぜ!っていう感じです。

改めて二回とか見ればすんなり納得できるのでしょうか・・・・・
次は金沢が舞台になるみたいですがどうなることやら・・・・・

それより何より、最後に出てきた制服の子がなんともかんともおおおお!!!
デンスケが!
デンスケがっっ!

うおおおおおおぉぉぉぉ(tt
「彼女はまだ乙女だ……(もちろん、性的な意味で。)」

まぁ、なかなか話が加速しないわけで・・・・・・
某ゲームのようだ・・・・

一方、電脳コイルは連チャンで見ると
映画さながらの脚本だぜ!

このまま突っ走ってほしいなw


これにでてくるアイザックとミリアのハイテンションのからみが
みてて、ちょー面白いんですw

言ってることも、やってることも、はちゃめちゃで間違いだらけ、
強盗もしてるのですが、なぜか悪者に見えないし、
完全に頭の中が逝ってるとしかw

これのストーリーは時系列がばらばらでなんともわかりにくいつくりなんですが、
これってこのごろはやってるのでしょうか・・・・・
まぁ、全部ばれるよりはなぞを抱えたままのほうが脚本は書きやすいでしょうね。
作りもある程度コントロールできますし。

さておき、これは結構グロい表現が多いんですよね。
アナログTVくらいなら全然ですが、DVDとかデジタル放送で
いい画面で見るとさぞかし(以下略

しかし、このコンビ息がぴったりなんですよね。
決して相棒を否定したりしないし、はちゃめちゃな返答でも
ほとんど鵜呑みw。あぁ毎日がこんなんだったら面白いんだろうなぁw
まぁ、現実問題的には無理ですがwwww
電脳コイルのお話が進み始めてきました。



今まではぐだぐだとサイドストーリー的なことばっかりでしたが、
そろそろ核心に触れるようなことまで描き出したようです。

まぁ、高校野球とお盆でかなり休みましたからねえw
さらにその次の週も総集編でしたし、制作期間は大いに取れたでしょうw。

全部で何話あるのか分かりませんが、なかなか今後も面白そうですw。

しかし、しかし、いつもながら出来の良さには関心させられますね。
いやー、すごい。


この物語は、主人公の相方が特殊な能力もないのにひたすら主人公一行についていく、けなげなアニメなんですが、遂に、その相方(ヒロイン)にも光が当たりました。

しかも、子供向け?アニメな割に作りがよく、使いまわされる影(特殊能力)発動シーンなんかは、これまでの変身物のアニメとか、必殺技のシーンなんかと比べても一味違うほど、丁寧に、とてもかっこよく、書かれているわけです。

んで、ヒロインはいままでマスコット的な役割しかなく、光が当たらなかったわけですが、今回遂に彼女の出番となりました。出番の回り方といい、その影発動シーンといい、かなり、かっこよくしびれる物でした。あえて言うのであれば、影がもう少しかっこよかったらよかったのですが・・・・・まぁ良しとしましょう。

これで、主人公一行は全員影が使えることになったのですが、伝説では7人居るはずなのであと一人、影使いがいることに(主人公一行は6人)。いったい誰なんでしょうね。ゲームやってる人はわかるんでしょうがw
アンプを作っているというのもあるんですが、
音楽を聴いてる時間が比較的長いわけで、
必然的に何回も聴いてしまう曲って必ず出てきますよね。

このごろのヘビーローテーションは



これ

Fly So High - 山田優

これです。

あんまり、JAZZとかクラシックとかは聴かないたちなので(音源は持ってますよw)、こういう曲ばっかり聴いちゃってます。まぁ、あまり地位の高いようなジャンルではないですが、良い曲も一杯ありますよw。

唯一悩ましいのは、録音があまりよろしくないことがおおいことですね。こればっかりはもう少し頑張って欲しいです。でも紹介したこの曲はそれでもましな方です。

アイドルが歌なんて、と思うような人もいるかもしれませんが、この人は普通にうまいですね(チョーうまいわけではありませんが)。ちなみに、曲はBluedragonのエンディングです。このアニメもなかなか熱い展開で、面白いですよw。ちょっと子供向けのところも多いですがw。

ちなみに、オープニングは、男のアイドル?俳優?の方が歌ってるのですが、へたくそで聞くに堪えません・・・・・・ちょっと醜すぎですね・・・・それでもCD売れるんですから、今の世の中は良く分かりません・・・・・

アイマスのほうは、良い曲が多いですね。普通に聴いてしまう曲がたくさんあります。録音はよろしくない物もありますが・・・・・このごろの声優は歌がうまいですよね・・・・本職でCD売ってる人とかより全然うまい人とかも普通にいます。へたくそな人もいますがwwww。
といことで話は進み、ストーリーの核心にもだいぶ迫りました。

ネタバレになるので、あんまり書けませんが、ミチコさんがキーになるようです。
実際、電脳世界とはいえ、どっから現実でどこから現実でないのかを明確にしないので、
本当につれてかれるんじゃ?とか死んじゃうんじゃ?とか、緊迫感がありますね。

まぁ、本当はめがねが壊れるだけなんですけどね。

さておき、学校で不正をやらかしたお姉さんの処遇はどうなってしまうのでしょうかw

っていうか、公式ホームページ見ても、各話のあらすじも、放送予定も、
挙句の果てにはサブタイトルすら更新していない始末。
ネットにもSSとかほとんど上がってませんよね。
これはNHKの罠なのか・・・・・・

このごろのNHKは厳しい・・・
いやはや、本当にすごいですよ。このアニメ。

何よりも人の描写がすごい。
キャラはめちゃくちゃ動くし、動きに全て意味があって、
本当にキャラが生き生きしております。

今回は、夏祭りと言うことで、ほぼ浴衣姿。
まぁ、普通にエロくないのに萌えますね。
昔はこんなことがあればなぁと思っていましたがなさす!。

今回は、次回の前振りの意味合いが強く、ストーリーは進みませんでしたが、
夏祭りの描写や、キャラの相関関係などをもてあますことなく・・・・

まぁあんまり言っても、あれですねw。
気になる方は見てください!!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/15 backlink service]
[12/14 YOU]
[12/04 daichi]
[08/09 YOU]
[06/28 Rin]
[04/22 昔一緒に実験してた人]
[03/10 YOU]
[03/08 酷ラリ好き]
[01/15 stingray]
[11/16 YOU]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Counter

忍者ブログ [PR]