忍者ブログ
ホームページの記事にならないような、日常のことが中心になると思います。
[95]  [94]  [93]  [90]  [91]  [88]  [89]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このごろフジテレビでレ・ミゼラブルというアニメをやっているのですが、この内容がすごい。



そもそも、かなり昔のお話なので、表現やら、ストーリーやらが全然現代とマッチしない。こっちが見てて「うわエゲツナイ」と思うようないじめが表現されていたり(それでもだいぶ考えられているようですが)、キャラの立場が入れ違って、勝者が敗者になったとしても、堂々巡りの再会があり、どうにも愛憎劇がとまらない。

まるで、昼ドラでも見ているようだ。それにお察しがつくように、先の展開が読めてしまうから、さらにそのことを冗長している。世界名作劇場が全盛だった80年代から90年代ならともかく、今のご時世、これはつらいと思う。

ミュージカルや、演劇ではこのようなお話は、昔から演じられているが、演劇の場合は一人の客は必ずお話の最後まで見ることになる。しかし、アニメは一週毎の放送なので、とてもつらい回だけ見てしまうことも十分にありえる。元の物語には逆らえないのはわかっているが、母親が、娘にあえずに死んでしまうところなんかは、ちょっとかわいそう過ぎると思った。

んで、今回の回で、物語がひと段落して、主要人物が、全員パリで暮らすことになるのだが、この先の愛憎劇は見ものだ。原作を知らないのはだいぶ得していると思うw

さておき、物語の序盤では、コゼットが異様にかわいいのであるが、物語が進むと成長し、まるで萌えキャラではなくなってしまう。これは残念なことだ。逆に、パリに夜逃げしてきた宿屋の娘は、ぼろぼろの服を着ながらも、萌えキャラに変身している。このアニメでは、ぼろを着ないとかわいくなれないのか・・・・・・不文であるwwwwwww

まぁ、恐らく、最後まで見ればいいお話ですよ。きっとね。
しかし年のせいか、虐げられる話を見続けるのはだいぶきついですな。
だいぶ病んでるんでしょうかw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/15 backlink service]
[12/14 YOU]
[12/04 daichi]
[08/09 YOU]
[06/28 Rin]
[04/22 昔一緒に実験してた人]
[03/10 YOU]
[03/08 酷ラリ好き]
[01/15 stingray]
[11/16 YOU]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Counter

忍者ブログ [PR]